Twitterの投稿をそのままブログに埋め込むとリアルな件

SNS

TwitterなどのSNSで他ユーザーが自分のことを投稿してくださる時があります。また、投稿されている内容をそのままブログでも引用して紹介したいなぁと思う時があります。そんな時に、「文字だけを引用して紹介」「スクリーンショットを撮って紹介」「投稿を埋め込んで紹介」といった方法で掲載をされる事が多いと思います。美容師さんでもSNSと絡めて紹介される方いらっしゃいますね。今回は、その中でも投稿をそのまま埋め込む方法をご紹介します。

 

Twitterの投稿を埋め込むとは?

こんな感じですね。これは、実際に弊社スタッフが、本ブログのTwitterアカウントの投稿をリツイートしてくれたものです。

埋め込むのが何が良いのか?

これは、‘事実をそのまま引用できる事’だと思います。 ホームページやブログでの発信情報は、デジタルな文字が読みやすい反面、リアリティが無くなりがちです。何故そうなるのでしょうか?それは、一方的に訴求する「お客様の声」や「口コミ」などの紹介は、発信者側で加工ができるからです。ポータルサイトなどの口コミ(レビュー)に信憑性を感じるのは、第三者であるユーザーの書き込みだからと言えるでしょう。

【文字だけの場合】

美容師さんに読んでいただきたいりついーと。 https://twitter.com/kartpr/status/707904316531564544

【投稿をそのまま埋め込んだ場合】

 

見え方も、見たときの印象も違うように感じますね。それでは、TwitterをはじめとしたSNSの投稿をブログに埋め込む方法をご紹介します。

 

Twitterの投稿をそのままブログに埋め込む方法

①埋め込みたい投稿を表示させ「・・・」をクリック

tweet

②プルダウンで表示された「ツイートをサイトに埋め込む」をクリック

tweet

③コードをコピーする

tweet

④ブログに貼り付ける(注:テキストエディタ)

コード

⑤完了です

※スマートフォンでアプリからする場合は、この「ツイートをサイトに埋め込む」が表示されなかったりします。ブラウザ(サファリやクローム(Google))などからログインすると表示されます。※コード貼り付け画面はWordPress(ワードプレス)の投稿画面です。

 

まとめ

美容師さんによっては、プロのライターさんと比較しても見劣りしないブログを書く方がいらっしゃいます。文章の構成や画像選択はもちろんですが、ちょっとしたテクニックを絶妙に組合せながら更新されています。それが、読みやすく分かりやすい記事となり、読者をリピートさせる一つの要因になっているんだと思います。自分でも気を付けながら更新していこうと思います。

 

The following two tabs change content below.

長沼 大樹

メディア運営・分析・LPO・WEB広告などにおいて、様々な企業のWebマーケティングをサポート。Google AdWords 認定資格保持。Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)保持。aaa

2018年2月9日SNS

Posted by 長沼 大樹