ECと実店舗を繋いだ『コンテンツマーケティング』参考にしたい導入・運用事例

ホームページ運用, 事例

Webサイトへの流入数を増やす手段として代表的なものに『コンテンツマーケティング』があります。ユーザーにとって役にたつコンテンツを展開することで、見込みユーザーの流入数を増やし流入したユーザーをファンにしていく施策です。具体的な方法として多いのは『記事(ブログ)コンテンツ』を継続し、検索ユーザーに情報を届けるという方法です。

『記事(ブログ)』を更新している運営者は多いですが、中小企業の場合など人員が限られている場合、成果に繋がるよう明確な意図をもって継続できている所は少ないように思います。今回の記事では、『記事(ブログ)コンテンツ』を展開していくにあたり、導入から3ヶ月で成果に繋がっている事例を具体的な運用方法をふまえてご紹介します。

3ヶ月で検索ユーザーの流入が右肩上がり

3ヶ月での記事(ブログ)コンテンツの更新ペースは週2回です。この週2回の更新でそれぞれのブログに対して、検索ユーザーがランディングしています。※早い段階で結果を見出すことが出来た秘密はこの後に…

グラフ

コンテンツマーケティングを導入したお店『アニバーサリーワールド』さん

神戸に今年実店舗を構えたインテリア雑貨店があります。このお店では『特別な日の贈り物』として、生活雑貨のセレクトショップとしてインテリア等を商品として扱うお店を今年(2018
年)の2月にOPENさせました。元々は楽天などのモールでECとして運営していたお店です。店舗の近くには結婚式場が3つもあり、素敵な商品を沢山取り扱っておられます。

「シンプルながらも彩りのある商品ラインナップ。大切な人へのプレゼントや自分へのご褒美に。あげたくなる、欲しくなる、日常を彩る雑貨。」

そんなお店です。(店舗は『デザインアワード2018』に入賞される程素敵な空間です)

アニバーサリーワールド

→オフィシャルサイトはこちら

アニバーサリーワールドさんとの出会い

今年の夏頃に私が開催していた『Googleアナリティクス(アクセス解析)講座』に参加して頂き、初めてこちらの社員の方とお会いしました。アフターフォローで色々とお話させて頂くにあたり、今後成果を出していくためのWebマーケティングとして『コンテンツマーケティング』が相性も良く、私も一緒にサポート人員として取り組みをさせて頂く事になりました。

コンテンツマーケティング導入の背景

今年(2018年)2月に実店舗をOPENさせた事もあり、最初はこのお店の集客をするためにコンテンマーケティングという手段がありました。しかし通常の店舗と違うのは、ECを運営している所です。こちらの企業では、EC運営者と実店舗運営者が異なり、実店舗をOPENさせたばかりで、情報共有やマーケティング施策などで連携するインフラがまだ整っていなかったようです。そこで、『記事(ブログ)コンテンツ』を更新していくことで、お互いの繋がりを持つためのツールになる事を期待して導入に至りました。

直接的な成果として求めたものは下記のようなものです。

  1. Webサイトのアクセス数UP
  2. アニバーサリーワールドとしての知名度向上
  3. 売上アップ

導入時に実施した事

実施する事が決まり、約一ヶ月で1つ目の記事公開に至りました。記事公開までに実施した事は事は下記のものになります。

ペルソナの決定

EC顧客と実店舗顧客では、同じ商品を扱っていても顧客層が少し異なるという点がありました。どういったユーザーを想定してライティングするかが重要になりますので、具体的な人物像を共有するためにペルソナを作成しました。作成した人物像は4名です。

シート

ライティングガイドラインの作成

「ブランドイメージと合うコンテンツにする為」「複数人でライティング」「SEOを考慮する為」にガイドラインを作成しました。作成したものは下記のような項目です。あまり細かく設定しすぎると窮屈になるため、基本的の項目のみ設定しています。【タイトル】【導入文】【本文】【まとめ】の項目にわけ15コのガイドラインを作成しています。

ガイドライン例

  • 【タイトル】何について書かれた記事か瞬時にわかるよう工夫する
  • 【導入文】記事の内容に興味を抱き本文へと読み進んでいってもらうために工夫する

キーワードの抽出

「ユーザーが検索しそうなキーワード」や、「このキーワードで検索した時に上位表示されてほしい」というキーワードを100個ほどピックアアップして頂きました。そのキーワードを精査して、検索ボリュームや競合性などを調査し、検索意図や狙い目のキーワードなどをフィードバックさせて頂きました。

キーワードフィードバック例

  • 「◯◯◯ プレゼント」の◯◯◯の組み合わせを変えていく事で、検索意図に合わせた記事で上位表示が期待できる
  • 「地域名 ◯◯◯」といったように地域名が絡んだキーワードは実店舗集客の期待を持ちやすい

WordPressによるブログの準備

Webサイトにブログ機能をもたせるために、制作会社の方に依頼して頂きました。設置後、すぐに記事を更新していけるようこの段階からライティングの手配を進められていた事が、スムーズに開始する事に繋がっています。

運営メンバーの決定

ディレクションをする方が1名、ライティングをする方が2名の合計3名がメインで運営されています。ライティングされている2名は、実店舗の方が1名。EC担当の方が1名です。

運用について工夫されている事をインタビューさせて頂きました

記事(ブログ)によるコンテンツマーケティングで成果を出すためには『しっかりとした内容』で『継続』する事がとても大切です。いわゆる『質と量』です。記事内容や更新ペースによって、成果が異なる中で、現実的に起こりうる課題をクリアしながら運用されている方法をお聞きしました。

取材風景

記事公開までの流れについて

1.ミーティングの実施

3週間~1ヶ月に1回程度3人でミーティングを実施。ライターには楽しみながら書いて欲しいので、細かい指示は出しすぎずにライターの意思を尊重されているとの事です。

  • 1ヶ月の更新本数は8本なのでその内容を決める。
  • ディレクションスタッフが書いて欲しいものとライターが書きたいものを持ち寄る。
  • 内容はミーティングの時にディカッションしながら決定。
  • 参考記事があればURLを共有。
  • ディスカッションの時は課題なども共有しながら解決策を出していく。
  • 翌月に更新する内容は前月の前半には決定。
  • 記事内容以外にも参考になる他店の可愛い雑貨屋さんやカフェなども共有。(今度、休みの日に皆さんでワークショップをしているお店に行くそうです♪)

ミーティング

2.更新管理

決定事項を計画通りに行うために表(エクセル)にまとめ、タスク管理を行っておられるとの事です。

  • ミーティングで決定した内容を「公開日」「系統」「テーマ」「キーワード」を整理して表にまとめる。
    ※シリーズ化している内容のものに記号をつけるなど工夫。
    ※今後書いていきたい記事など案だけ出ていて、更新時期が未定なものもメモとして残している。
    ※ライティングしやすいように『自由』という系統も用意している。
  • チャットワークというツールの『タスク機能』を使って期日通りに出来るようにしている。

管理表

3.ライティング

クオリティを保つために、執筆された記事に対してディレクションスタッフが添削を行っておられます。私自身、一緒に関わらせていただく中で、このあたりで感じる所をフィードバックさせて頂いておりました。短い期間で成果に繋がっているのは、最初の段階からレベルが非常に高く、目的意識をしっかり持っておられたからだと思います。

例1)タイトル文の工夫
例2)分かりやすい文章
例3)画像のクオリティや枚数

4.公開・検証

PDCAをまわすための指標や、ブログ運営の成果が分かればというご要望を元々お持ちでした。こちらに関しては、アクセス解析(Googleアナリティクス・サーチコンソール)でレポートなどを作って共有させて頂きました。

例1)ゴール(Webサイト内)を設定※Googleアナリティクスの目標設定して成果検証
例2)アクセス数(セッション・PV)の変化
例3)検索キーワード(クエリ)の表示回数・クリック数・クリック率・表示順位など
例4)データスタジオで主なデータをレポーティングしいつでも見れるように共有

今後の目標について

「ブログを始めたことで、今では同メンバーでInstagramの運用も任してもらえるようになりました。」という嬉しいお話を教えて頂きました。また、実店舗スタッフとEC担当スタッフのコミュニケーションが増え、良い連携に繋がっているとの事です。

そして何よりも「これからもも楽しみながら継続したい」とおっしゃられていたのが印象的でした。そして、「取り組み始めたブログでしっかりとお客様にご来店して頂くこと。またECの購入に繋がるようにする事」だそうです。「そういった実績が数値データで社内で示せるようになっていく事で、外部への取材(インタビュー)や撮影の機会の幅が増え、良い相乗効果が見出していきたい。」といったとても楽しみで心強いお言葉を頂きました。

インテリアショップ

まとめ

記事(ブログ)によるコンテンツマーケティングの導入時成功事例をご紹介させて頂きました。実際に運営されている方のモチベーションや意識がとても高いことが上手くスタートをきれた最大の要因だと感じました。今の取り組みが1年後2年後に大きな成果に繋がる事を心から祈っております。最後になりますが、本記事の取材などにもご協力いただきありがとうございました。これからも宜しくお願いいたします。

事例店舗情報

■アニバーサリーワールド
(欲しくなるアイテムが沢山揃っています。ECサイトからもご購入頂けます♪)

The following two tabs change content below.

長沼 大樹

メディア運営・分析・LPO・WEB広告などにおいて、様々な企業のWebマーケティングをサポート。Google AdWords 認定資格保持。Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)保持。aaa

2018年12月13日ホームページ運用, 事例

Posted by 長沼 大樹