Twitterの投票(アンケート)機能で美容室の質問を36パターン考えてみた

NEWS, SNS

先月からリリースされたTwitterの投票(アンケート)機能。今まで、他のWEBサービスやアプリなどでもWEB上で出来るアンケートは有料無料問わずにありましたが、今回リリースされたTwitterの投票(アンケート)機能は、アカウントさえあれば簡単にすぐ実施できるようです。

Twitterアカウントによって実装されるタイミングが違うようですが、美容師さんでも活用されている方が出てきています。という事でこの便利で簡単そうなTwitterの投票(アンケート)機能の使い方をまとめたいと思います。使い方と合わせて、美容室(美容師)の方に参考にして頂ける「アンケート(質問例)」も一緒に記載します。

 

Twitterの投票(アンケート)の使い方

投票画面にアクセスします

今回の機能追加に伴い、画面上に『投票』というボタンが追加されていることが分かります。

twitter

①『投票』ボタンをクリックすると「質問する」「回答1」「回答2」が表示されます

twitter

②聞きたい質問を入力します。(例:自分で管理しているTwitterのアカウント数は?)

③回答は2パターンのみです。二つの回答で成り立つような質問と回答を用意しましょう。(例:1つ、2つ以上)

④「ツイート」ボタンをクリックすると投稿完了です。

twitter

回答を待ちましょう

時間は24時間以内のようです。フォロワーがたくさんいるアカウントだと数が集まりそうですね。

twitter

補足

投票した方のプライバシーは守られるようです。「誰がどちらに投稿した」というのは、一般ユーザーにも質問をした側にも分からないようです。

 

 

美容室のアンケート(質問&回答)の例36パターン

美容室(美容師)の方に参考にして頂けそうなものを、ざっくり36パターンあげてみました。質問の仕方や回答例の文言は甘い部分もありますが、何かしらの調査やマーケティングのヒントに是非ご活用ください。

 

【サロンに行く前・立地や店構えについて】

■通いたい美容室の立地は?
自宅近く
職場近く

■美容室の大きさは?
大きめのゆったり出来るお店が良い
小さめのアットホームな感じが良い

■私に合いそうな美容室は?
郊外店
都心店

■美容室の店内の臭いが気になったことがある?
美容室特有の臭いを感じる
特に感じない。もしくは良い香り。

■美容室にWEB予約は?
ほしい
電話が良い

■気軽に美容室にいける?
ノーメイクでも気にしない
ちょっとは格好つけるでしょ

 

【カウンセリングや待ち時間について】

■美容室で施術前の料金説明は?
絶対ほしい
出来たらほしい

■美容室の中のPOPを見る?
ものによって見る
基本的に見ない

■待ち時間に見たいのは?
雑誌
スマホ

■美容室に置いている雑誌で読みたいものは?
好きな雑誌がない
良い感じにある

■ドリンクのおかわりが欲しいって言える?
欲しい時は言える
我慢する

■カウンセリングの時にイメージの雑誌モデル写真は見せれる?
イメージの写真があれば見せる
恥ずかしいので見せにくい

 

【美容師さんについて】

■通っている美容室で「おまかせ」って言える?
安心して言える
やっぱり不安

■美容師さんは?
シャンプーもカットもカラーも同じ人
スタイリストとアシスタントに分けてほしい

■美容師さんの年齢は?
若手(20代)
ベテラン(30代以上)

■美容師さんの性別は?
男性
女性

■お気に入りのスタイリストは?
いる
いない

■担当スタイリスト(美容師)のブログは?
見る
見ない

■担当してほしい美容師さんは?
肉食男子
草食男子

■美容室の施術中は?
色々話したい
そっとしてほしい

■美容師さんとの施術写真をSNSで公開OK?
人による
プライベートですから×

■美容師さんで上手い人であれば指名料金が追加されても良い?
全然OK
料金があがるなら他の人でOK

 

【シャンプーについて】

■サロンのシャンプーは、市販の物と違うと感じる?
高いだけ効果がある
市販で十分

■美容室でするシャンプーは?
自分で選びたい
自分に合うものを選んでほしい

■美容室でするシャンプーで重視するのは?
香り
気持ち良さ

■美容室でシャンプーを押し売りされてると感じた事がある?
イヤな気分になった
特に感じない

■美容室でオススメのシャンプーを教えてほしい?
知りたい
自分で選ぶから大丈夫

 

【メニューや技術に対して】

■ヘッドスパに期待する効果は?
気持ち良さ
ダメージケア

■求めるヘアスタイルは?
似合わせスタイル
トレンドスタイル

■思ったよりパーマがかかり過ぎたと思った時は?
美容室に連絡する
スタイリングでカバーする

■美容室の特典で嬉しいのは?
20パーセントオフ
トリートメント無料

 

【失客要因について】

■施術後、ヘアスタイルが気に入らない時に言えない時がある?
過去にあった
あったような無いような

■美容室のシャンプーが顔に流れてきてそのお店に行くのをやめた事がある?
そこまで気にしない
やめる理由の一つになる

■通っている美容室はあるけど、他に良いサロンがあれば目移りする?
一途なのでそれは無い
私だって人間だもの

■担当の美容師さんが辞めたのでお店ごと変えたことがある?
お店が気に入ってるのでそのまま通った
新たな美容師さんを探す旅にでた

■美容室に行きたい日に予約がとれなくて他の美容室で予約した事がある?
その日に行きたかったので他の美容室に行った
その美容室が良かったので我慢した

 

まとめ

こういったアンケートで収集できる一般ユーザーや顧客の声は、サービス改善の貴重な材料となります。これは、以前から変わらないところですが、ネットやSNSの普及に伴い『収集方法』が日々変化しつつあります。便利で簡単なサービスを利用して、効率良く、正確なデータ・情報を収集する美容室は、その点で他店より有利にたてる可能性がでるのではと感じます。

The following two tabs change content below.

長沼 大樹

メディア運営・分析・LPO・WEB広告などにおいて、様々な企業のWebマーケティングをサポート。Google AdWords 認定資格保持。Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)保持。aaa

2018年3月19日NEWS, SNS

Posted by 長沼 大樹