インスタグラムのユーザーは積極的。美容とも相性が良いらしい。

SNS, 参考事例

「Instagramの投稿を元にしたユーザーの購買意向」をテーマにした調査データを株式会社サイバー・バズさんが公開されていました。「ご自身のInstagramの利用方法で一番近い物を教えて下さい。」という質問に対する結果が意外でした。単一回答の項目は下記4つ。

ご自身のInstagramの利用方法で一番近い物を教えて下さい。

  • 投稿も閲覧も同じくらいする
  • 投稿もするが閲覧がメイン
  • 閲覧もするが投稿がメイン
  • 投稿はせず閲覧のみ

Instagram

出典:https://www.cyberbuzz.co.jp/2016/05/650instagram-instagram7.html

「投稿はせず閲覧のみ」が6%だけだったことです。SNSの中でもFacebookなんかは、「投稿せずに閲覧」というユーザーがもっと多いんだろうと思います。Instagramユーザーは積極的なんですね。

 

Instagram内の他人の投稿を見て、商品を検索したり、実際に商品購入(店舗来店)したことがありますか?

約9割の人たちが「経験がある」と答えています。別データで出ている、カテゴリー別の消費に繋がりやすい商品では「美容関連」が上位にきています。企画を考えるうえで参考にしたいデータです。美容業界とは相性の良いSNSですね。

image

出典:https://www.cyberbuzz.co.jp/2016/05/650instagram-instagram7.html

 

Instagramのそんな背景もあって生まれたのかなと思うメディア「おうちごはん」

食卓アレンジメディアとして「おうちごはん」というWebサイトが5月20日公開されました。このサイトでは、「食」をテーマにした投稿をしているインスタグラマーを「デリスタグラマー(R)」と呼び、ユーザーと一緒に「おうちごはん」というサイトを作っているような感じがします。

「今日のおうちごはんのアイデアをお届けします」というメッセージがサイトコンセプトとピッタリだなと感じました。

おうちごはん

出典:https://ouchi-gohan.jp

 

本日のメモ

#Instagramユーザーは積極的 #写真がおしゃれ #UIおしゃれ #山田くんデリスタグラマーなったら良いと思う

The following two tabs change content below.

長沼 大樹

メディア運営・分析・LPO・WEB広告などにおいて、様々な企業のWebマーケティングをサポート。Google AdWords 認定資格保持。Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)保持。aaa

SNS, 参考事例

Posted by 長沼 大樹