美容室のWEB集客に「口コミ(レビュー)」「お客様の声」は効果大

SNS, ホームページ運用

美容室に関わらず、インターネットで予約したりモノを購入する判断材料に「口コミ」を参考にされたことは無いでしょうか?日常的にネットを利用する方であればほとんどの方があるかと思います。

この「口コミ」コンテンツは、商品やお店の良し悪しの判断に大きく影響します。提供する側でなく、第三者からの口コミは何と言ってもリアリティがあります。美容師の方でも、ポータルサイト(検索・予約サイト)に掲載されていればその効果を感じていらっしゃると思います。

 

 

ネットでよく見る「口コミ」

  • ホテルや旅館などの検索サイトの口コミ
  • 食べログなどの口コミサイト
  • スマートフォンでアプリをインストールする時のレビュー
  • Amazonで本を買うときのレビュー
  • コスメ・美容の総合サイト@cosme(アットコスメ)のクチコミ

 

「口コミ」「お客様の声」は財産

お客様から頂ける「口コミ」「お客様の声」は貴重です。広告はお金をかければいつでも作ることができますが、本当の「口コミ」はお金では買えません。また美容室の集客に大きな影響をあたえます。「口コミ」「お客様の声」は財産であり、とても価値のある有難いものです。この財産を自店でもストックしていく仕組みを構築していくことが、中長期的な繁栄の一つの要素となるのではないでしょうか。

 

「口コミ」ウェブコンテンツの3つのポイント

消費者(ユーザー)は、「やらせ」「偽客(さくら)」といったものを敏感に感じます。本当の事でもあってもネットでは、真実は見えにくくなります。口コミサイトの口コミに信憑性があるのは、登録をしている会員が書き込んでいるからだと言えます。この信憑性がなによりポイントになってきます。

■鮮度が大切

インターネットでは、何年も前の古い情報が公開され続けています。欲しい情報を検索した時にヒットした(アクセスできた)としても、1年もたっていれば昔の情報になっています。

■見える化すること

デジタルで整列した文章は読みやすさを提供します。しかし普段のコミュニケーションと違い、顔が見えず声は聞こえません。表現の仕方を工夫しなければ伝わり方も半減してしまいます。

■そのまま掲載する

「口コミ」「お客様の声」を加工してはいけません。ありのままの顧客の声がリアリティを生み出します。

 

「口コミ」「お客様の声」をストックするために

自店の管理化の元、ストックするためには他のWEBサービスに依存していては、いつデータが消えてもおかしくはありません。例えば、ポータルサイト(検索・予約サイト)の口コミ機能に依存していると、契約解除した時点でデータが表示されなくなります。

 

①ホームページに掲載する

オフィシャルサイトに「口コミ」「お客様の声」ページをつくり、そのページを更新する方法です。弊社でもこの「お客様ご紹介ページ」はアクセス数が上位にランキングされています。お客様の写真やお名前も一緒に掲載させて頂けることが本当に有難いです。

お客様の声

 

②お客様に更新してもらう

2012年に実施された「無印良品史上最大のキャンペーン」で、無印良品の家(家具付き)に2年間無料で住むモニター募集されていました。そのモニターの方の記事が更新されています。特別な例かもしれませんが、美容室でもモニター企画などは実際にありますので、規模を問わなければ「顧客に更新してもらう」ことは可能かもしれません。

お客様の声

出典 http://www.muji.net/mt/ie/mitakanoie/

 

③SNSで管理する

加賀の宿 宝生亭さんでは、FaceBookでお客様の声を公開されています。記入されたアンケート用紙をそのままUPされていたり、お客様が登場する画像がリアリティを感じます。ホームページの更新よりお手軽に運営できるのも管理者側からはメリットですね。

お客様の声

出典 https://www.facebook.com/housyoutei

 

まとめ

お客様の口から語って頂いたことをカタチにし、ご紹介することで、また新たなお客様との出会いが生まれます。お一人の声から何人ものお客様が来店される可能性を秘めています。この貴重な財産をストックする流れを、ポータルサイトに依存せず、自店で仕組化できればすごく良いなと思います。

The following two tabs change content below.

長沼 大樹

メディア運営・分析・LPO・WEB広告などにおいて、様々な企業のWebマーケティングをサポート。Google AdWords 認定資格保持。Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)保持。aaa

2018年2月11日SNS, ホームページ運用

Posted by 長沼 大樹