メルマガやORコードからホームページへの流入を計測(アクセス解析)する方法

アクセス解析

顧客に対してキャンペーンなどのご案内をする時に効率的なプロモーションの1つにメールマガジン(メルマガ)があります。メールの本文のみでキャンペーンを訴求する場合もありますが、ホームページのキャンペーンページへのリンクをはって、訴求力を増す方法をとられているサロン様もあります。

より効果を上げていくために、メルマガからどれぐらいホームページにアクセスがあったか計測できると良いでしょう。

ほとんどの美容室がメルマガ→ホームページのアクセスを計測していない⁈

多くのの美容院が正確にメルマガからホームページへのアクセスを計測されていません。何故なら普通にホームページにリンクをはるだけでは、アクセス解析を見た時に「メルマガからの流入」かどうか分からないからです。

メルマガ後のホームページのアクセス解析(Googleアナリティクス)

【メルマガにリンクをはっている時の例】

→キャンペーンの詳細はこちら
(※上記のようなテキストをクリックしたらホームページのキャンペーンページにとぶように設定)

とゆうような感じで送信されて、後日アクセス解析(Googleアナリティクス)を見てみると。

こんな感じでアクセスが上がっていることが分かります。

GA

これぐらい分かりやすくアクセスがアップしていると、雰囲気でメルマガの効果だという事が分かりますが、他の流入もあるので正確な数値が判断できません。さらに、メルマガからの流入ユーザーに絞って、どんな動きをして、何人がコンバージョン(Web予約や電話場合タップなど)しているのか分析ができません。

メルマガからホームページへのアクセスを計測するには、リンクURLに「ダミーパラメータ」を付与する必要があります。URLのここの所です。

GA

▪️元々のキャンペーンページURL

http://k-art-factory.jp/test

▪️計測できるようするキャンペーンページURL例(赤字がパラメータ設定されたところ)

http://k-art-factory.jp/test?utm_source=20160501&utm_medium=email&utm_campaign=test-campaign

 

このような設定をすると、アクセス解析(Googleアナリティクス)で、流入元がメールマガジンだという事が計測されるようになります。

GA

また、メールマガジンで流入したユーザーがサイトを離脱した後に、再度サイトに訪問しコンバージョンしたかどうかも分かります。

GA

 

設定方法

URL生成ツールというものがあります。

URL生成ツール

https://support.google.com/analytics/answer/1033867?hl=ja#using_the_url_builder

 

下画像のような入力フォームが表示されますの、必要事項を入力することでダミーパラメータを生成することができます。

URL生成ツール

応用編

このようにURLにダミーパラメータを設定する方法は、メールマガジン以外でも活用できます。代表的なものは、美容室のプロモーションで分かりやすいのは下記のようなリンク元です。

    • チラシやフライヤーなどのQRコードのURL
    • LINEで投稿した時に記載するURL

 

まとめ
自店のホームページでキャンペーンを訴求する場合、他の媒体で告知をする場合があります。とゆうよりも、他の媒体やツールなどと絡める事によって相乗効果が期待されるはずです。そういった場合、それぞれの効果を検証する事で、その後の展開でより良い改善策を見出すことに繋がるはずです。

The following two tabs change content below.

長沼 大樹

メディア運営・分析・LPO・WEB広告などにおいて、様々な企業のWebマーケティングをサポート。Google AdWords 認定資格保持。Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)保持。aaa

2018年3月19日アクセス解析

Posted by 長沼 大樹