ブログキーワードのSEO効果をGoogleアナリティクスで確認する方法

アクセス解析

WEBサイトにどういったキーワードでユーザーがアクセスしているか確認する方法をご紹介します。WEBサイト全体の流入はもちろんですが、少し応用的な見かたをすることで解析がしやすくなります。キーワードに対してSEOを取り組んでいるサイトの場合、フィルタをかけて見ることによって、少し細かいところまで分析することができます。

 

Googleアナリティクスにログインする

ログイン情報が分からない時は、サイト管理者に確認しましょう。ユーザー登録がされていれば、ID(主にGメールアドレス)とパスワードでログインすることができます。

≪Googleアナリティクス:https://www.google.com/analytics/

GA

 

検索ユーザーのキーワードを見る

一番オーソドックスなパターンです。Googleアナリティクスにログインしたことがある方なら一度は見たことがあるのではないでしょうか。ただし、「Googleアナリティクスがアップデートした時に、どこから見たら良いか分からなくなった!」というお声も聞きますので、あらためてご紹介します。左サイドバーの【集客→キャンペーン/オーガニック検索キーワード】から確認することができます。

GA

 

ブログごとに流入したキーワードを見る

一つひとつのブログがどういったキーワード検索にかかり、アクセスされているのかを確認する方法です。まずは、どれぐらいそのブログ(コンテンツ)にランディング(着地)しているのか見てみましょう。左サイドバーの【行動→サイトコンテンツ/ランディングページ】から確認することができます。ここでは、ランディング数の多いページごとに上から表示されています。

GA

 

次に、流入キーワードを見たいブログ(ページ)をクリックします。

GA

 

遷移したページの表の上にさりげなく表示されている「キーワード」をクリックします。

GA

 

キーワードがずらっとランキングされました。ほとんどのブログ(ページ)の1位は暗号化されて分からない「not provided」が表示されると思います。この「not provided」の中には、様々なキーワードの種類が含まれているはずですが、その多くは2位以下のキーワードと似てくると思います。

GA

※10位以降も確認したい場合は、画面右下の「表示する行数」を変更しましょう。

 

検索トラフィック(ユーザー)だけを絞ってセグメントして見る

Googleアナリティクスにログインした時の状態で表示される数値は、「すべてのセッション」になっています。これは、「すべてのアクセス数」といった感じです。(※フィルタ等で除外設定をしている場合を除く。)

検索で流入したユーザーの分析だけをしたい場合に、セグメントすることができます。ここでは、「検索トラフィック(検索で流入したユーザー)」に絞る方法をご紹介します。 表示されているグラフの上にセグメントするスペースがありますので、クリックします。

GA

 

色々なセグメントができます。ここでは、「検索トラフィック」の左にあるチェックボックスにチェックを入れてみましょう。

GA

 

すると「検索トラフィック」でセグメントされた数値が表示されます。これで「検索トラフィック」のユーザーの分析がしやすくなります。表示したくないセグメントについては、枠右上をクリックしてから「削除」することで表示されなくなります。

GA

 

Search Consoleで「表示回数」「表示順位」を見る

Googleアナリティクスと「Search Console」を連携しておくことで、GoogleアナリティクスからSearch Consoleの検索アナリティクスを確認することができます。左サイドバーの【集客→検索エンジン最適化/検索クエリ】から確認することができます。

「表示回数」「クリック数」「平均掲載順位」「CTR(クリック率)」がキーワードごとに表示されます。この検索クエリ(検索アナリティクス)は、ページごとの分析は出来ませんが、検索キーワードに対して流入前の状態を知ることができるのでとても便利な機能です。

GA

keyword12

  • 表示回数・・・ユーザーが検索した時に表示される回数(クリックしてアクセスする前)
  • クリック数・・・クリックしてアクセスした数
  • 平均掲載順位・・・そのキーワードで検索した時に自サイトが何位に表示されているか
  • CTR(クリック率)・・・表示された回数に対してクリックされた率

 

まとめ

今回の記事では、ブログやコンテンツを定期的に更新しているサイトにおけるGoogleアナリティクスのキーワード解析をご紹介しました。特にブログでロングテールSEOを意識して取り組まれている場合には、現状を把握しやすいのではないでしょか。

 

 

The following two tabs change content below.

長沼 大樹

メディア運営・分析・LPO・WEB広告などにおいて、様々な企業のWebマーケティングをサポート。Google AdWords 認定資格保持。Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)保持。aaa

2018年3月19日アクセス解析

Posted by 長沼 大樹