自撮り棒のアングルをおっさん2人で試してみた。これで使い方バッチリ!

スキルアップ, 便利なツール

自撮り棒を買ってしまいました。スマホで写真を撮る時に、自撮り棒あった方が色々出来そうな気がして、ドンキホーテで約2000円で購入。

何の為に使うかっていうとブログ画像の為なので、とりあえず撮ってみました。

 

「恵太さん、僕、自撮り棒買ったんです」

自撮り棒初心者の僕にとって、1人自撮りはまだ照れがあったので、恵太さんに横にいてもらいました。

 

「今、撮っても良いですか?」

恵太さんは「おぉ…」とリアクションしてくれました。終電間近の難波駅のホームです。自撮り棒初心者にしては、よいデビュー場所です。

自撮り

初めてにしてはなかなか上手く撮れました。

 

「次、ちょっと上からいきますね」

自撮り

恵太さんきまってます。

 

「下からいってみたら」と恵太さん。

自撮り

恵太さんポーズきまってます。

 

「斜め上いってみますわ」

自撮り

2人でどこ見てるんでしょう。

 

「思いきって真上からいこ」と恵太さんの指示。

自撮り

自撮り棒で撮ってる感がでまくってます。

 

「次、横からいきます」

自撮り

うん。悪くないですね。シャッターおす親指の力の入り具合に初心者感を感じます。

 

「思いきって下からいこ」と再び恵太さん。

自撮り

恵太さんは思いきるのが好きなようです。

 

結果

自撮り棒良いです!少し使い方が分かってきました。

近いうちに自撮り棒の聖地「道頓堀のグリコ」をバックに自撮りして、自撮り一人前になろうと思います。

The following two tabs change content below.

長沼 大樹

メディア運営・分析・LPO・WEB広告などにおいて、様々な企業のWebマーケティングをサポート。Google AdWords 認定資格保持。Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)保持。aaa